ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠とお風呂の関係。最適な温度や入浴時間とは

快眠とお風呂の関係。最適な温度や入浴時間とは

1日の疲れを取る為に、温かいお風呂に入るのは幸せだと感じる人もいるでしょう。
好きな香りの入浴剤を入れて、時間を忘れて入浴する人もいますね。
日本人はお風呂が大好きで、温泉巡りが趣味だという人もたくさんいます。
お風呂に入ると何だかうとうと眠くなってきてしまうことはありませんか?
お風呂から上がってしばらくすると心地いい睡眠がやってきてその後ぐっすり眠れるという人も多いですが、快眠とお風呂はどんな関係があるのでしょうか?

 

なぜお風呂に入ると眠くなる?

私たちの体は寝る時間が近づいてくると、体の中の深部温度が下がり始めます。
深部温度は体の中心の温度であって体温計で測る温度は表面温度といい、深部温度とは違いますね。
深部温度の平均は37℃と言われています。
深部温度が下がると逆に表面温度が上がってきます。

〇この原因
深部温度が外に熱を放散するため体の表面上に熱を逃がしていることで表面温度は上がります。

〇なぜ深部温度が熱を逃がすのでしょうか?
それは私たち人間が昼間活動的に動いている人のほうが多く、昼間働き続けて疲れた脳や臓器がオーバーヒートしないよう熱を下げて疲労回復させることが狙いだからです。
実は入浴をした後、入浴で温まった深部温度が暫くすると温まったからだが冷めていきます。
この湯冷めこそ、これからどんどん冷めていく深部温度の変化をスムーズに行っていくのでその後の寝つきが良くなると言われています。

〇入浴方法
ただ熱いお風呂に入ればいいという訳ではありません。
ぐっすり眠れるように最適な入浴方法があります。

①まずは40℃のお湯にゆっくりつかることです。
バスタブにお湯をはってお風呂に入ることがめんどくさくて、ついついシャワーで過ごしてしまうという人もいますね。
しかし、疲れを取りたいならやはりしっかりと湯舟に入って体を温めるほうがいいでしょう36~38℃のぬるめおお湯では、深部温度を上げることが出来ないので快眠に導く入浴方法としては甘く、逆に42℃以上のお湯では熱くて交感神経が高ぶってしまい、脳がさえて眠れなくなってしまいます。
心地いい睡魔を誘うためにも、40℃くらいのお湯がちょうどいいでしょう。

入浴は寝る30分前に済ませておくのがベストです。
入浴をした後にすぐ布団に入っても、深部温度が下がっていないので、この状態で寝ようと思ってもなかなか眠れない人もいます。
お風呂から上がってある程度体の火照りが取れてからお布団に入ると眠りやすくなります。

③入浴時間ですが、カラスの行水でさっと入って上がってしまうのでは、体の深部が温まっていないのであまり意味はありません。
最低でも10分は湯舟につかるようにしなければ行けません。
また1時間以上おふろに入ると、お湯も冷めてしまいますが深部温度も下がってしまうので余り意味はありません。
お湯の温度が下がらないように、この最低10分はしっかりと守ってください。

お風呂場の証明にも気を遣うようにしましょう。
明るいまま入ると睡眠を促すホルモンの分泌が抑えられてしまいます。
間接照明のような柔らかい光や、脱衣所の電気を暗くするなど工夫をしてみましょう。

 

アロマオイルやヒーリングミュージックもお勧めです

ヒーリングミュージックをかけながら入ることで、副交感神経が優位になってリラックスすることが出来ます。

ラベンダーやカモミールなどのアロマオイルを入れてお風呂に入ることで、張り詰めた神経を癒して安眠に導いてくれます。

体をあたためるバスソルトを入れるのも、体が温まり尚且つ香りがするものだとリラックス効果を得られます。

最近なんだか眠りが浅いという人は、この入浴方法を実践されてはいかがでしょうか?