ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠のために生活習慣で気をつけるポイント!

快眠のために生活習慣で気をつけるポイント!

今、日本人の3人に1人は何等かの不眠に関する症状を訴えており、まさに不眠症大国といっても過言ではありません。
ストレス社会の中で生活をしているので、心身ともに疲弊しきっている人もいるでしょう。
布団の中でぐっすり眠りたいのに、なかなか寝付けないのは苦痛ですね。

夜間眠れないということは非常に苦痛で、日中眠くて仕事に集中できず、不眠が原因で交通事故を起こすこともあります。
不眠症が起こってしまう原因と日常生活で気を付けなければいけないポイントとはどこでしょうか?

 

不眠症の原因とは何か?

不眠症の原因はいくつか考えられますが、その一つとして考えられるのは、睡眠と覚醒のバランスの乱れによります。
眠りたいときに何等かの原因が理由で脳が覚醒してしまうのですが、その理由として考えられえるものがストレス・うつ病などの精神疾患・睡眠リズムの乱れや睡眠週間の問題・アルコールや薬の服用・生活習慣病や精神疾患に呼吸器疾患が理由と言われています。

 

不眠症と他の病気には何等かの関係があるのでしょうか?

・例えば、不眠症状が長く続くことでうつ病になってしまうリスクが高くなってしまいます。
体も心も休めないので、何等かの病気の引き金になってしまう事もあります。

・例えば糖尿病も、甘いものを食べすぎたり遺伝的要因も勿論考えられますが、仕事のストレスや過労によって糖尿病のリスクを高くしてしまい、結果的に糖尿病になってしまったという報告があります。

〇睡眠の役割
睡眠はただ体を休めるのではなく、脳の休息や記憶の整理、内臓や筋肉などの体のメンテナンス、ホルモンの分泌や免疫機能の維持や増強の効果もあります。
睡眠不足が続いてしまうと食欲を増進させるグレリンという物質が増えてしまい、食欲を抑えるレプチンというホルモンが減少してしまいます。

睡眠不足が長く続くということはグレリンが増えてしまうので夜中でもお腹がすいてしまうのです。
睡眠不足は交感神経が優位な状態になります。
交感神経が優位だと血圧が高くなってしまい、睡眠不足が続くということは、上がった血圧がなかなか下がらなくなってしまいます。
夜中何度も目が覚めるのは、この交感神経が優位に立っている状態だからです。

睡眠不足は肥満になりますが、肥満になると睡眠時無呼吸症候群になることがあります。
睡眠中、パートナーの大きないびきや呼吸停止に気が付いて初めて見つかる病気と言われています。
のどの筋肉が緩むことで肥満者にある喉の奥にたまった脂肪が気道を塞いでしまいます。
呼吸が停止し苦しくて夜中何度も目が覚めてしまい睡眠不足となって日中眠気に襲われます。

 

質のいい睡眠で生活習慣病を予防

質のいい睡眠を7時間とると、生活習慣病の予防や睡眠不足が原因の死亡リスクは減ると言われています。
昔の日本人は日が昇ると仕事をして日が沈むと眠るという生活をしていました。
そのため睡眠時間をたっぷりと取っていたことで、今のような生活習慣病そのものとあまり縁がないという人が多かったです。
所が今は仕事もかなり忙しく不規則な生活をしている人が増えました。
食事のバランスも悪く、それが原因で生活習慣病になる方は年々増加しています。
突然死をする人も増えているのは、睡眠時間の確保が出来ないこと、疲労が蓄積して限界に達してしまった結果が突然死を招いてしまう事があります。

〇改善方法として
栄養バランスの取れた食事を心がける事。

自律神経を整えるために朝起きたら太陽の光を浴び、軽度の運動をして程よい疲労感を与えるといいでしょう。
不眠症で悩んでいる日本人は多く、睡眠がとれないというのはとても苦痛です。

一人で悩む前に医療機関を受診するようにしましょう。