ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠サプリには副作用はある?

快眠サプリには副作用はある?最近寝ても疲れが取れにくくなった

夜中ちょっとした物音で起きるようになってしまった

といった症状はありませんか?

その症状の原因は「睡眠の質」に問題があります

 

私たちは眠っている間ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。

割合として望ましいのは

ノンレム睡眠70パーセント・レム睡眠30パーセントです。

 

睡眠の質が悪い人はこのバランスが乱れている事が多く、よく眠ると毎回夢を見るという人は眠りが浅い証拠です。

睡眠の質を改善させるためには

★適度な運動で体に心地いい疲労感を与える事

★バランスのいい食生活とストレスを溜めない事です

 

ですが現代人は忙しく、ストレス社会の中でこの3つすべてを完璧にこなすのは厳しいのが現状です

そんな現代人を助けるために注目されているのが快眠サプリメントです。

快眠サプリメントには現代人の睡眠の質を上げる様々な成分が配合されています。

飲むだけで睡眠の質を改善できるなんて魅力的ですね

 

しかし、この快眠サプリにも副作用があるという報告があります。
果たしてそれは本当なのでしょうか?

 

 

各成分別による副作用の報告

快眠サプリは成分によっては体調不良になったという報告があります
まずその成分別に副作用を見てみましょう。

 

◆多くの快眠サプリに配合されている「テアニン」

まずは多くの快眠サプリに配合されている「テアニン」です。

テアニンはリラックスさせる効果があり、心地いい睡眠へ導いてくれる働きがあります

 

しかし、このテアニンというサプリを飲む際に気を付けなければいけないのは「カフェイン」です
コーヒーに多く含まれていますが、カフェインには覚醒させる働きがあるので、テアニンの効果を弱めます

テアニンそのものにもカフェインは含まれてはいますがコーヒーを飲むと覚醒します。
テアニンを摂取する際は避けましょう。

 

◆「ラフマ」という成分

ラフマは元々中国で緑茶に含まれている成分で、身体のだるさや高ぶった神経を鎮めてリラックスさせる作用があります

しかし、このラフマは胃腸が元々弱い人は摂取することで吐き気を催したり消化不良を起こしてしまう場合があります

ラフマが副作用を起こすことは低いのですが、摂取したことで胃腸の調子が悪くなったと感じたら服用をやめましょう

 

◆「GABA」とは

GABAは以前ストレス対策にいいとして話題になった成分で、サプリだけではなく様々な食品にも使用されてきました

GABAは脳に酸素を供給し、血行を促進する働きがあります

 

しかし逆に脳に酸素が行き過ぎたり、血行が良すぎると頭痛になる事があります

不足すると認知症やストレスに身体が負けてしまったりと問題はありますが、元々GABAが足りている人が摂取すると頭痛が起こることがあります

 

 

成分の過剰摂取や効果を半減させるものと一緒に服用しない事

サプリメントは食品の仲間なので、医薬品のような強い副作用を起こす確率は低いでしょう

しかし、中には薬と併用したら吐き気やめまいが起こった、便秘や軟便に頭痛など日常生活に支障が出たという報告もあります。

副作用をなるべく回避する方法としては飲み合わせや食べ合わせ、薬と併用しても大丈夫かきちんと確認をすることです。

 

特に薬を服用している人は重篤な症状を回避するためにも自己判断では飲まず必ず医師の確認を行い、許可が出てから飲みましょう

健康食品と言っても副作用が100パーセントでないという保証はありません

 

◆健康被害に遭わないために

まずは成分を確認、その成分が何と飲み合わせが悪いのかもきちんと確認をしたうえで摂取しましょう

また飲んで体調が悪くなった場合、すぐに服用を中止し飲んだサプリメントを持ってすぐにかかりつけの医師の元に行き、適切な治療を受けることで症状の重症化を防ぐことも出来ます。