ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠に効果のある食べ物はある?

快眠に効果のある食べ物はある?

最近ぐっすりと眠れていますか?
体は疲れて眠りたいのに眠れず、悩んでいる人はいませんか?
眠れなくなると、ついつい睡眠薬に手を出したくなる人もいます。
睡眠薬は病院で処方されますが、病院で処方されるので飲んでも安全だと思われがちですが、副作用があります。
睡眠薬を飲んで眠れるのは、薬によって強制的に中枢神経を抑制する信号を送って脳の働きを抑えます。

実は睡眠薬によって依存症になってしまう人もおり、睡眠薬がないと眠れない体質になってしまうことから、普段から睡眠薬の常用はお勧めできません。
日本で使用されている睡眠薬の中にはめまいや頭痛に幻覚や夢遊病・攻撃的な性格になったという副作用も確認されています。
どんな薬も常用すると効果を感じられなくなってしまうので、あまり常用するのはお勧めできません。

薬に頼りたくない、体質を改善したいという人で食べ物から体質を改善する方法もあります。
その体質改善に効果を発揮する食べ物とは何でしょう。

 

不眠改善に効果のある食べ物とは?

★まず1つ目は大豆です。
大豆にはアミノ酸の一種でもあるL-トリプトファンを含んでいます。
心を落ち着かせてリラックスさせる伝達物質のセロトニンの分泌にL-トリプトファンは関係します。
L-トリプトファンを含んだものを摂取するタイミングとしては、夕食の時間に取るといいと言われています。
たんぱく質の中には様々なアミノ酸を含んでいるので、トリプトファンを狙って摂取するのは難しいかもしれません。
たんぱく質を摂取する際、炭水化物と一緒に摂取することをお勧めします。
炭水化物と一緒に摂取すると、血糖値が上昇し、インスリンが分泌されます。
このインスリンが、L-トリプトファンと競合しているアミノ酸を骨格筋に取り込まれるのを助けます。

〇ホットミルクを寝る前に飲むと眠りやすくなるという話を聞いたことがありませんか?
ホットミルクが本当に効果があるのか、疑問に思ってしまうかもしれませんが、砂糖の入った牛乳を飲むと一晩中血糖値が高いまま保たれます。
空腹感を抑えることで質の高い眠りを期待できるからです。

★2つ目はキウイフルーツです。
キウイはビタミンやミネラルが豊富で美容や健康に良いと言われています。
このキウイにはじ眠を緩和するセロトニンをたっぷりと含んでいます。
タイミングとして就寝1時間前にキウイを2個食べると眠りやすくなると言われています。

レンズ豆は妊娠中の女性に優しい葉酸がたっぷりと含まれています。
レンズ豆にはLトリプトファンもたくさん含まれています。
そのまま食べるのもいいのですが、スープやサラダにいれるとおいしく摂取することが出来ます。

 

体にいい食べ物で体質改善

〇薬に頼らず自然に睡眠が取れるようにしよう
始めは薬を飲めば薬が効いて、深い眠りにつくことが出来ます。
しかし、薬を常用すれば欲しくなります。
すると副作用によって、攻撃的な性格になったり夢遊病など副作用に悩まされることになります。
サプリメントで効率よくトリプトファンを摂取することはできますが、やはり毎日の食事で体質改善をしたいですね。

食べ物と一緒に軽い運動をして体に心地いい疲労感を与えてみたり、お散歩をして日光に当たることで乱れた自律神経を整えることもできるので初めて見てはいかがでしょうか?
かなり疲れてしまう運動は余計に眠れなくなることもあるので、ストレッチなど軽くて続けやすい運動がいいでしょう。

また睡眠前にカフェインを摂取するとアドレナリンが分泌され、興奮して眠れなくなります。

睡眠1時間前に歯磨きやお風呂に入っても興奮して眠れなくなってしまうので、睡眠1時間前にはこれらのことは終了するようにしましょう。

毎日の健康維持には栄養バランスのいい食事と運動、質のいい眠りが重要です。