ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠できる環境づくりのポイントとは

快眠できる環境づくりのポイントとは

 

仕事や育児で体は疲れているのに、いざベッドの中に入ってもなかなか眠れない。
十分な睡眠がとれないので、体の疲れが取れなくて悩んでいる人もいるでしょう。
睡眠をとることはストレスの緩和と日中傷ついた組織を修復する時間で、私たちが生きる上で必要な時間です。
この時間が十分確保できないということは、生活習慣病など様々な病気のリスクにもつながります。

 

寝室環境が整えば快眠に繋がる?

〇快眠できるポイント
就寝環境を整えることは重要です。
脳内を刺激するような明かるさと音量は、快眠できる環境とは言えません。
快適な室温と温度を保つのもポイントで、暑すぎても眠れず寒すぎても眠ることが出来ません。
私たちが生活していく上で、寝室は1日の1/4~1/3時間と思っているよりも長い時間過ごしています。
体を休める大切な場所として、快適に過ごす環境づくりは大切なポイントとなります。

ぐっすり眠るには環境づくりがポイントです。
まずはです。
夜は周辺環境も静かなので、音楽や生活音は睡眠の妨げになってしまいます。
重サッシや厚手のカーテンを使用することで、防音対策になります。

③次にです。
人が心地よく眠れる明るさは、20~30ルクスと言われています。
ただ人によっては豆電球をつけていないと眠れなかったり真っ暗にしないと眠れない等個人差があります。
自分が心地よく眠れる明るさなら、豆電球をつけても消しても問題有りません。
例えば部屋の電気を全て消して、スタンドやフットライトで明るさを調整するといいでしょう。

心地よく眠れる温度は季節ごとに異なります。
夏は25℃で冬は15℃、湿度は年間を通して50パーセントです。
夜間にエアコンを使用して室温を調節するなら、冷房の設定は25~28度、暖房は18~22度を目安にすると心地いい室温を保つことが出来ます。
ただし冬は空気が乾燥します。
就寝中ずっと暖房をつけっぱなしにすると空気が乾燥する原因になるので

心地いい睡眠を得るには、雰囲気作りもポイントです。
寝室は寝る部屋なので静かで落ち着いた環境づくりが大切です。
例えばカーテンは赤や黄色などの視覚的に刺激になるような色は避けてベージュなどの柔らかくて落ち着いた色合いのカーテンを選ぶようにしましょう。

⑥また寝室にストレスの原因となるものは置いてはいけません。
昼間やりきれなかった仕事を持ち込んだり、スマホを持ち込むと気になって眠れなくなってしまいます。
このようなストレスや刺激となってしまうものを寝室においてはいけません。

 

アロマオイルやヒーリング効果のある音楽もお勧め

寝室は落ち着いて過ごせる環境づくりがポイントです。
カモミールやラベンダーにオレンジなどリラックス効果やストレスを緩和する効果のあるアロマオイルを焚いてふんわり部屋中に香らせるだけでもリラックスして副交感神経が優位になって心地いい眠りにつくこともできます。
ヒーリング音楽もリラックス効果があるので、眠気を誘うこともあります。

・これ以外にも自分がリラックスできる環境づくりをすることがポイントです。
睡眠は生きていく上でも重要な行為で、この睡眠が上手くとれないと生活習慣病や精神安定にもつながったり、美容や健康にもいいと言われています。
日中眠気が誘って仕事や授業に集中できない人は、慢性的な睡眠不足です。

一日の睡眠時間が2時間など全く体を休めることが出来ないという人は、一度外来を受診されてはいかがでしょうか?
外来を受診し、悩みを解決できるだけでも精神的に安定し、眠りにつくことが出来ます。
最近熟睡ができない、夜中に起きたり入眠迄時間がかかるという人は、寝室の環境を変え、落ち着いた環境を整えましょう。