ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠と香りの関係・効果とは

快眠と香りの関係・効果とは

仕事による強いストレスや、生活習慣の乱れによって熟睡ができずに悩んでいるという人もいるのではないでしょうか?
眠りが浅い日が続くと体の疲れを取ることが出来ず、日中も眠気が強くてすっきりしない日が続きます。
睡眠が不足すると生活習慣病になり易くなったり太りやすい体質になってしまったり体にとって過酷な状況が続きます。
良質な睡眠を確保するためには、程よい疲労感と栄養バランスのいい食事が理想的ですが、これでも解決できない場合は睡眠薬を使用します。
睡眠薬を使用することで、強制的に眠りに導きますが、夢遊病など副作用も確認されています。
薬を常用するとその薬の効果が弱まってしまうので、体はどんどん強い薬が欲しくなります。
薬を強くすることは決して良いとは言えません。
そこで今注目されているのはアロマです。

 

アロマで快眠に導くことが出来るの?

天然成分のかおりで、マッサージなど民間療法に使用されているアロマ。
睡眠時の香りを嗅ぐことで副交感神経が優位になってリラックスすることが出来ます。
では、睡眠時にピッタリなアロマとは何でしょうか?

★1つ目はラベンダーです。
快眠にはラベンダーと言われている程、非常にポピュラーなものです。
酢酸リナリルという成分が含まれており、神経の高ぶりを抑えて不安をやわらげ、快眠をもたらしてくれます。

★2つ目はネロリです。
ネロリはオレンジの花から抽出されており、香水にも使用されています。
ラベンダーと同じく高ぶった交感神経を抑えてリラックス効果を得ることが出来るので快眠に導いてくれます。

★3つ目はカモミールです。
まるで青りんごのような甘い香りが特徴で、ハーブティとしても愛されているカモミール。
カモミールには不安やストレスを解消し、不眠症にも効果があると言われています。

★4つ目はオレンジです。
オレンジのさわやかな香りには、ストレスを緩和して沈んだ気持ちを前向きにし、地ラックス効果を与えます。

〇お気に入りの香りで
これらのアロマは一般的に不安を取り除き、ストレスを緩和してリラックス効果を与えることで快眠に導きます。
中には好みの香りのほうが眠れるのでは?と思うかもしれませんが、好みの香りが快眠に導いてくれるとは限りません。
このラベンダー・ネロリ・カモミール・オレンジは香りを嗅ぐことで、神経の興奮を抑えて快眠に導いてくれます。
ただし、全ての人にアロマが絶対効果があるとは言い切れません。
人によってアロマで快眠できたという人もいれば元々臭いが苦手で返って眠れなくなってしまったという人もいます。
無理をして続ける必要もありません。

 

アロマの香りを楽しむ方法と

・寝室いっぱいにアロマの香りを楽しみたいなら、やはり一番はアロマディフューザーです。
水とアロマオイルをセットして熱で水分が蒸発し、その蒸発した水分に含まれる精油が香ります。
ただ、眠っている間に熱を発するものを置くのは危ないので、その際は超音波で香りを飛ばすタイプは安全でしょう。
空焚きになると火災の原因になるので、自動停止装置機能がついていると安心です。

アロマキャンドルもありますが、こちらも就寝前の使用がおすすめです。
火を使わず電気も使わないものとしてお勧めの方法はアロマストーンです。
アロマスローンにオイルを2~3滴らすと、香りがふんわりと漂います。

〇アロマで良質な睡眠を
近年仕事が忙しく、ストレスによる不眠症患者の数字は増えています。
良質な睡眠をとることは、傷ついた組織を修復し疲労回復やストレスの緩和にも役立ちます。
しかし睡眠がとれないということは、傷ついた組織の修復や疲労回復にストレスの緩和が出来ません。
アロマの力を借りることで、これらを少しずつ緩和し、良質な睡眠に導く手伝いをします。