ぐっすり眠ってスッキリ目覚められる!口コミで高評価の快眠サプリメント!

快眠のための正しい姿勢とは

快眠のための正しい姿勢とは毎日熟睡できてますか?
質のいい睡眠をしっかりと取ることは、心身の健康に欠かすことが出来ない行為です。
質のいい睡眠を取ることで日中受けた細胞の傷を回復したり、ストレスを緩和しています。
しかし、質のいい睡眠がとれないと、自律神経が乱れてしまい、肩こりや頭痛に倦怠感、冷え性や食欲不振にイライラや不安感と言った不定愁訴に襲われます。

質のいい睡眠をとる為に、睡眠中の正しい姿勢が重要なのはご存知でしょうか?
十分な睡眠を確保するためにも、睡眠中の正しい姿勢が重要なポイントになるでしょう。

 

睡眠時の姿勢とは?

睡眠時の姿勢は、人によってもことなり、中にはこの姿勢ではないと眠れないなど癖を持っている人もいます。

〇なぜこの睡眠の姿勢は違うのか?
それは子供のころのしつけや習慣が大人になっても影響していると言われています。
睡眠を取るときの環境も寝るときの姿勢が決まります。
例えば寝具の硬さ、固定されている場所、家族と一緒に寝ているという人はその時の環境によっても姿勢が変わってきます。

〇最近なんだか体調が悪いという人はいませんか?
それはもしかしたら就寝時の寝相も影響しています。
特に腰や肘に肩が痛いという人は、無意識に体が楽な姿勢を取ろうとしています。
しかしそれだと悪い姿勢が癖付けされてしまい、不自然に体が曲がった状態となります。
体に負担がかからない姿勢に少しずつ矯正していくことで、腰や肩にひじへの負担を軽減することが出来ます。

〇うつ伏せ寝は危険
時々うつぶせ寝が好きで、この姿勢でついつい眠ってしまう人がいますが、このうつぶせ寝は危険な寝方です。
・うつ伏せになるということは、胸部を長時間圧迫してしまう事になります。
・特に酔っ払った状態で眠ってしまうと吐しゃ物が詰まって命の危険があります。
乳幼児がうつ伏せになることで乳幼児突然死症候群の発症率が高まる可能性が高くなります。
それだけではありません。
・うつ伏せで寝ることで骨格がゆがんでしまい、腰痛やO脚を引き起こす原因となります。

〇女性の場合
クーパー靭帯が傷ついてしまう事で、胸が垂れてしまったり形くずれの原因となってしまいます。
睡眠時の姿勢は顎の関節は歯並びにも影響します。
歯の噛み合わせが悪くなることで頭痛や肩こりなど体の不調に影響します。

〇横向きで寝る人
一番落ち着く寝方だという人もいるでしょう。
・しかし、横向きは舌音の落下が起こりにくいことから、睡眠時無呼吸症候群もしくはお腹が大きく眠るのは大変だという妊婦さんが適した姿勢です。
横向きでひじ枕で眠ると、不自然に肘を曲げたまま寝るので血流が悪くなって肘に負担がかかってしまいます。
人によっては余り寝返りをしない人もおり、長時間同じ姿勢だと骨格がゆがみやすくなってしまうので注意をしましょう。

 

仰向け寝が最も良い姿勢

眠るときの姿勢として、仰向け寝は血流が全身回りやすくなります。

・睡眠中は体内の水分が汗で出てしまうので血液がドロドロになり易いのですが、無理な姿勢ではないので血栓もできにくくなります。
ただ、枕が高すぎたり寝具が固すぎもしくは柔らかすぎると寝にくくなるので、自分に合った寝具選びがポイントです。

仰向けの際は手足を広げた状態が理想的で、手足を広げるとスムーズに血液が循環し、深部体温が下がるので眠りにつきやすくなるのでお勧めです。
ただしお腹の上に手を乗せるような姿勢は圧迫されて悪夢を見やすくなるので気を付けましょう。

睡眠時の姿勢を改善するだけで、睡眠の質も改善し腰や肩の痛みも改善します。
最近安眠できていない、体の不調が気になるという人は、寝る姿勢を改善することで体の不調を改善することが出来ます。